ここから本文です

日本バイリーングループ労働安全衛生方針

日本バイリーングループは、「すべての働く人」の安全と衛生の確保を経営の最優先課題のひとつと位置づけ、「労働災害の防止」と「健康的で働きやすい職場環境の提供」を積極的に推進します。

  1. 本方針に基づき、それぞれの事業所が労働安全衛生目標を設定し、労働安全衛生水準の継続的な向上に取り組むことにより、グループとしての労働安全衛生水準の向上を目指します。
  2. 労働安全衛生関係法令のみならず、フロイデンベルググループのHSE基準を遵守するとともに、必要な自主基準を設定し、管理水準の向上を図ります。
  3. 労働安全衛生に関わる危険源を特定しリスクを低減するために、リスクアセスメントなどの適切な技術、手法を取り入れ、すべての働く人の参加の下で労働安全衛生活動に取り組みます。
  4. 労働安全衛生活動の実行には、適切な経営資源を投入し、労働安全衛生マネジメントシステムを管理面、運用面で継続的に維持し、改善します。
  5. 働く人との協議、及び参加を必要不可欠なものとして位置づけ、良好なコミュニケーションに基づく労働安全衛生活動に取り組みます。
  6. 働く人に体系的な教育訓練を継続的に提供し、一人ひとりが誇りと自覚を持って労働安全衛生水準の向上に取り組む職場づくりを進めます。

本方針は、日本バイリーングループの「すべての働く人」に周知徹底するとともに、利害関係者にも開示します。

2024年1月1日
代表取締役社長執行役員、CEO
川村 智

ここからサイト共通情報です

ページはここまでです

ページトップへ戻ります