日本バイリーン株式会社
サイトマップEnglish
HOME不織布のご案内製品・技術情報企業案内CSRIR情報採用情報
不織布のご案内
不織布について日本バイリーンと不織布不織布の製造工程不織布の用途世界の不織布産業団体よくある質問

よくある質問

 
Q1.不織布の製法はどんなものがあるのか? Q2.不織布のメリットは何か?
Q3.不織布のデメリットは何か? Q4.不織布の生産量はどのくらいか?
Q5.不織布メーカーにはどんな会社があるのか?    



Q1.不織布の製法はどんなものがあるのか?

 
A. 不織布にはさまざまな製法があり、原料や最終的な用途によってその製法は変わってきます。
詳しくはこちら→

このページのトップへ


Q2.不織布のメリットは何か?

 
A. 不織布は繊維をそのままシート状にできるので、織物や編物のように繊維を紡糸する必要がありません。このため、織物や編物に比べて低いコストが実現できます。また、不織布特有の性質(ろ過性、保温性、通気性)に加え、原料や製法の組み合わせによってさまざまな機能を付与することができます。

このページのトップへ


Q3.不織布のデメリットは何か?

 
A. 不織布はその製法上、織物や編物よりも耐久性が低いので、何度も繰り返して使用する用途には向きません。しかし、他の素材と合わせて使用したり(例:衣類の芯地など)、樹脂などで含浸したり(例:FRPなど)ラミネートの方法で耐久性を持たせることもできます。また、コストが安いので、ディスポ−ザブル(使い捨て)用途(例:おむつ、掃除用ワイパー、マスク、病院用の手術着や帽子など)では広く使用されている素材です。

このページのトップへ


Q4.不織布の生産量はどのくらいあるのか?

 
A. 以下のグラフをご覧ください。
 
  ●国内の不織布生産数量と生産額推移
  国内の不織布生産数と生産額推移
 
  ●国内の不織布製造方式別生産量推移
  国内の不織布製造方式別生産量推移
 

このページのトップへ



Q5.不織布メーカーにはどんな会社があるのか?

 
A. 以下の表が世界の不織布メーカー上位ランキングです。
   
  ●世界不織布メーカー販売高ランキング2012年度(抜粋)
  (百万米ドル)
 
順 位 不織布の販売高
1 Freudenberg (ドイツ) 1,500
2 Dupont (アメリカ) 1,350
3 Ahlstrom (フィンランド) 1,300
4 Kimberly-Clark (アメリカ) 1,250
5 Polymer Group Inc (アメリカ) 1,150
6 Fitesa(アメリカ) 712
7 Glatfelter (アメリカ) 683
8 Johns Manville (アメリカ) 670
9 Suominen (フィンランド) 602
10 Fiberweb (イギリス) 460
11 TWE Group (ドイツ) 400
12 Bonar (オランダ) 379
13 Sandler (ドイツ) 326
14 Avgol Nonwovens (イスラエル) 315
15 Hollingsworth & Vose (アメリカ) 305
16 Companhia Providencia (ブラジル) 273
17 CECEP Costin New Materials Group(香港) 256
18 Toray Advanced Materials (韓国) 251
19 First Quality Nonwovens (アメリカ) 250
20 Pagas Nonwovens (チェコ) 248
21 Fibertex Personal Care (デンマーク) 235
22 Buckeye Technoloies (アメリカ) 228
23 日本バイリーン (日本) 209
24 旭化成 (日本) 201
25 Union Industries (イタリア) 189
26 三井化学 (日本) 183
※数値は不織布の製品原反の売上高です。
出典 :Nonwovens Industry, 2013.9
   
このページのトップへ
 
お問い合わせはこちらから ご利用条件 プライバシーポリシー
Copyright(c) Japan Vilene Company, Ltd. All Rights Reserved.