日本バイリーン株式会社
サイトマップEnglish
HOME不織布のご案内製品・技術情報企業案内CSRIR情報採用情報
経営理念とCSR憲章バイリーングループ安全衛生方針バイリーングループ行動規範コーポレートガバナンス環境
項目
環境方針・品質方針
環境報告書
環境基本理念
 
  日本バイリーン株式会社は、地球環境の保全が世界の最重要課題である事を認識し、
企業活動の全てにわたって環境の保全に配慮し、環境に調和した技術・製品を提供し、
社会の発展に貢献します。
(1999年1月1日制定)


環境方針
 
1. 地球環境の保全を経営の重要課題と位置づけます。
2. 国及び国際的な環境関連の法規制を遵守するとともに、自主的に管理基準を制定し、効果的な活動を推進します。
3. 事業活動によって生ずる環境への影響を的確に把握し、環境目的・目標の設定と定期的な見直しを繰り返し、汚染の予防と継続的な改善を図ります。
4. 持続可能な循環型社会の構築に向け、省資源、省エネルギー、廃棄物削減などの環境負荷低減活動を技術面、管理面で向上させます。
5. 新製品、新技術の開発に当たっては、原材料の選定や生産・流通・使用・廃棄に至るライフサイクルにわたり、環境に配慮した評価を行い、環境負荷の低減を図ります。
6. 教育や社内広報活動などを通じて全社員の環境意識を高めるとともに、地域社会、行政などへの情報発信とコミュニケーションに努めます。
  (2005年4月1日制定)


品質方針
 
1. 常に地球環境の保全に配慮し、環境に調和した技術・製品を供給する。
2. 顧客の信頼を得るために品質改善・品質向上を行い、よい製品を供給する。
3. 不良・不具合の原因追究と改善を迅速かつ的確に行い、顧客の満足を得ると共に広く社会の発展に貢献する。
  (2006年4月1日改定)



このページのトップへ
 
お問い合わせはこちらから ご利用条件 プライバシーポリシー
Copyright(c) Japan Vilene Company, Ltd. All Rights Reserved.